趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

1213:飲み@韓国料理屋

飲み会だった。
ちょっとマッチョな人ってどう呼ぶ?
友達2人は「軽(かる)マッチョ」「ソフトマッチョ」と表現。
どっちがホント?
そんでもってマッチョが英語かどうかの話になったので調べてみた。

macho
〔形〕《略式》男らしい,男性的な,たくましい,マッチョな
・ a ~ man
強さや大胆さをいつも誇示したがる男.

〔名〕(複ma・chos)
強い[たくましい]男[メキシコのスペイン語]

えいごでした。

***** c0030363_1550436.gif
中学の時にもらった手紙を何年ぶりかで読んだ。
部活の大会前にもらった手紙とお守り。
引退の日にもらった手紙。
ノートを破って書いた遊びの計画。
友達から。後輩から。先輩から。
休みは年末年始とお盆だけ。
週休2日制が始まってからは、2週間に1日の休みもあった。
それでも、いやに思うことはなく、毎日ホルンを吹いていた。
'めざせ普門館(吹奏楽コンクール全国大会の会場)!'が合言葉の3年間。
あの頃は燃えていた。

現在午前4時。今日も思いっきり夜行性。
[PR]
# by mari8841 | 2004-12-13 04:02 | 日記

本『雪とパイナップル』

◇今日読んだ本◇
雪とパイナップル』鎌田實/著、唐仁原 教久

印象的だった一文。
「子どもの涙は、人類すべての悲しみより重い」

帯に書いてあったことば↓
「一番大切なものを
 失ったときでも
 人間は感謝することが
 できることを知りました。
 言葉が違っても
 歴史が違っても
 文化が違っても
 宗教が違っても
 人間は理解しあえると・・・
 悲しみや
 苦しみや
 喜びをわかちあえることを
 雪の中のパイナップルから
 教えられました。」
本書・遠い旅のはじまり・より

絵本で、すぐ読める長さだけど、
ずっしり重い言葉でつづられた鎌田實さんの体験。
電車の中で読んでいたのに涙が出そうだった。
[PR]
# by mari8841 | 2004-12-13 01:30 | 言葉・本
テレビで金八先生の再放送を見た。
その中で紹介された詩。

『自分の感受性くらい』

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難かしくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

出典:『自分の感受性くらい』 茨木のり子:著/花神社 1977.3


最後の言葉「ばかものよ」が心に刺さる。
[PR]
# by mari8841 | 2004-04-27 01:43 | 言葉・本

子ども表記

「こども」という字を「子供」じゃなくて「子ども」と書く理由を調べてた。
''子ども表記''で検索したらいろいろ出てきた。
この問題がこんなに複雑とは。
[PR]
# by mari8841 | 2003-12-15 01:46 | つぶやき