趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー

<   2005年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

0330:仰天!

c0030363_19361474.jpg
お風呂場の水道の















c0030363_19372029.jpg















パイプが





c0030363_19374470.jpg
もげた=取れた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]
by mari8841 | 2005-03-30 19:47 | 日記
c0030363_15422983.jpg

「いため」を変換したら最初に「傷め」って出た。
[PR]
by mari8841 | 2005-03-30 15:42 | 料理

いっぱいいっぱい

今になってみると、2004年度振り返りは感情的になって書いていた。

私は人と話しているときに、聞き役にはまりがち。
思考回路がのんびりしてて(機能低下?)、
相手の意見になんか違うと思っても何も言えないことがよくある。
そして何か違うという納得できない思いだけが残り、
あとになって、こう言えばよかったと、自分の考えが湧いてくる。
そしてその場で反論できなかったフラストレーションはたまっていき、
しばらくして爆発する。それが、2004年度振り返りを書いたとき。

いっぱいいっぱいになると、本当の自分の弱さが見えてくる。
利己的、義務感にはまる、一人で抱える、周りが見えない、シェアしない、
'やりたい'と思っていたことが'やらねばならない'に変わる、
周りに認められたいという欲求が目的にすり替わるなど。

「自分の未熟さに気づいた時が人生の始まり」って
去年の夏に一緒にフィリピンに行った子が言っていた。
そうだ、こんなに自分の未熟なところがわかったんだから、
へこみがいがあるってもんだ!
てやんでえ!!(意味不明です)
[PR]
by mari8841 | 2005-03-30 10:47 | つぶやき

『月とキャベツ』

c0030363_16261354.jpgTSUTAYAで借りたDVD第2弾。
まさやんを知った高校生の時からずっと観たかった、『月キャベ』をやっと観た。
キャベツのステーキおいしそう。
『One more time,One more chance』は
やっぱり大好き。
この映画から、ピアノ弾き語りしてたのかな。

偶然、『深呼吸の必要』と『月キャベ』の監督が
どっちも篠原哲雄さんだった。
[PR]
by mari8841 | 2005-03-28 15:48 | 日記

『深呼吸の必要』

c0030363_1546585.jpg半額キャンペーン中のTSUTAYAで借りたDVD第1弾、『深呼吸の必要』鑑賞。沖縄行きたいのは前からだけど、きび狩り隊に参加してみたくなった。沖縄の言葉もいいなあ。
「なんくるないさ~(どうってことないさ~)」
[PR]
by mari8841 | 2005-03-25 23:32 | 言葉・本

0325:卒業式

バイト仲間であり、学科の後輩だったKさんの袴姿を見るべく学校へ行った。
春らしい若草色の着物。

今日が卒業式、明日引越し、あさってから就職先の特養
(特別養護老人ホーム)での研修が始まるそうだ。
忙しい毎日だろうに、全然そんな様子は見せず、笑顔をふりまき、
「また会いましょうね」と言って別れた。

大学というコミュニティにいる人の中で、
おそらく一番多く顔を合わせ、言葉をかわした人。
特に同じバイトに加わってからの2年半は。イタリア旅行も一緒だった。
謙虚で、まじめで、やさしくて、仕事ぶりは完璧の、
私を慕ってくれた尊敬する後輩。

これからは社会人の先輩。
応援しています。
[PR]
by mari8841 | 2005-03-25 17:54 | 日記
映画1000円の日につき、『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月』を観にTOHO CINEMAS南大沢へ。
友達が前もって予約してくれてたから、最後列ど真ん中の席だった。
便利なシステムだなあ。
映画の感想は、前作の『ブリジット・ジョーンズの日記』を観てないけど、
十分ついていけた。かなり笑える!!
[PR]
by mari8841 | 2005-03-23 18:59 | 日記

2004年度振り返り

眠れない夜はブログを書こう。
今日は友達の愛を無視しそうになった。
3人いたから私が帰ってもいいだろうと思ってた。人任せだなあ。


結果で判断するところじゃないと思う。
去年より今年は生み出した物が少ないって言うけど、
そこにいた人たちの気持ちはどう?
気づきや努力は評価されないの?

4月に、中心となって活動していこうとする組織の一員になった人々。
コンスタントに参加した人は、
なり手がいない企画をその組織にもちかけられた話だからと、
引き受けようと努めた。
会議に来る人数が少ないと予想できたとしても、参加した。
自分の仕事が増えるかもしれないとわかっても、参加した。

エネルギーは自分の仕事に使われる。
楽しくすることも、出てこない人を引っ張ってくることも、
夢を具現化することも、もうできなかったんじゃないか?
そのことにかけるエネルギーが残ってなかったから。

続きを読む
[PR]
by mari8841 | 2005-03-22 03:54 | つぶやき

0321:夕食

c0030363_13833100.jpg

写真展に行った後、フォーを目当てに、
東急フードショーのベトナム料理屋サイゴンへ。
ブンボーフエ(フエ風の辛い米粉極細麺)と生春巻きのセット。
デザートはマンゴーシャーベット。
昨日の夜に続きアジアン料理、満喫☆おいしかった!
[PR]
by mari8841 | 2005-03-21 20:38 | 日記
写真展『地球を生きる子どもたち』の隣のショップで
『世界中のこどもたちが』の絵本CDを見つけた。
去年の夏、フィリピンで「子どもの家」の子どもたちが口ずさんでいた歌は
日本でも小学校や幼稚園で人気の歌らしい。(情報仕入れ元はAll about)

『世界中のこどもたちが』

世界中のこどもたちが 一度に笑ったら
空も笑うだろう ラララ 海も笑うだろう

世界中のこどもたちが 一度に泣いたら
空も泣くだろう ラララ 海も泣くだろう

広げようぼくらの夢を
届けようぼくらの声を
咲かせようぼくらの花を
世界に虹をかけよう

世界中のこどもたちが 一度に歌ったら
空も歌うだろう ラララ 海も歌うだろう


(作詞: 新沢としひこ 作曲: 中川ひろたか)

[PR]
by mari8841 | 2005-03-21 20:12 | 言葉・本