趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2005年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

0228:双子

c0030363_16443789.jpg

いちご
[PR]
by mari8841 | 2005-02-28 16:44 | 料理

0226:帰国しました

昨日夜、日本に帰ってきました。
のどをやられて、風邪気味な感じです。
疲れが出てきて、のどを痛めて、風邪を引く。
これが私の旅のパターンらしいです。
また一つ、学びました。

それはおいといて、
南イタリア9日間の旅、とっても楽しかったです。
雪景色を見たり、ひょう(!!)が降ったり、虹を見たり。
しかも虹はポンペイと言う場所とローマとで2回。
ポンペイでは2つの虹が同時に見えたんです。
いずれHPに写真を載せたいと思います。

ところで、こんなランキングに参加しました。



[PR]
by mari8841 | 2005-02-26 23:22 |

0217:イタリア旅行1日目

今日から9日間のイタリア旅行!7時過ぎに起床。昨日はみっこ会(=京王線ユーザーの集まり)でみっこ、みかちゅう、私の3人が参加。寝たのは3時ごろだったけど、無事起きれて良かったー。最大の問題クリア!

8時半、裕君の家を出発。10時半成田空港到着。車内で気持ち悪くなったから焦ったー。朝食食べてないのにお腹減らないわ、眠いわ。車酔いか二日酔いかわからなかった。
二日酔いってどんな感じですか?>二日酔い経験のある方

c0030363_1745095.jpg空港に着いたらいつの間にか回復。空港ではJALのプライオリティゲスト用カウンターでチェックイン。なんだかVIPな扱いで興奮してしまった。興奮はそれだけにとどまらず、飛行機の座席はビジネスクラスにあった!!車椅子利用者がいるので、事前に2人×2列で座席を取って欲しいとお願いしていたのだが、その通りになってるし、空いているビジネスクラスに取ってくれたようだ。いや~、ビジネスクラスに乗れるなんて、きっと一生に一度あるかないか。ツアー代金はビジネスクラスだと20数万円追加ってパンフレットに載ってたし。すごいわー。ちなみに、私が知ってるエコノミークラスとの違いは
・座席が広い
・前後の席の間隔も広い
・フットレスト付き
もう、ここまでバイト仲間と2人で興奮しっぱなし。←田舎もん
c0030363_16585520.jpg

13時半離陸。おつまみ、昼食、デニッシュ、夕食が出た。13時間のフライトなんてどんなものなのか全く予測できない。今まではせいぜい4時間が最長フライト。とにかくエコノミー症候群にならぬよう、水分補給と足を動かすことを心がけた。他には映画鑑賞、睡眠&指さし会話帳でイタリア語の勉強などをして過ごした。

c0030363_170731.jpgちなみにツアー客39人はほとんど40~70歳代の皆さん。若い女性は6人くらい。そして若い男性は裕君オンリー。この旅は出会いとかドキドキにも期待してるけど、すてきな人との出会いはイタリアに着いてからのお楽しみですな。うっしっし。

c0030363_16593644.jpg

現地時間の19時ごろ、イタリア'レオナルド・ダヴィンチ空港'到着。空港は係員さん2人が案内してくれて、フレンドリーかつ親切。スイスイ行けた。しかもかっこよい。20代後半と見た。バスは狭かったけど1時間でホテル着。シャワー浴びてる時も揺れてるような感覚で、ぐらぐらしていた。23時就寝。

今日の移動:自宅~成田~ローマ~ジェンツァーノ
[PR]
by mari8841 | 2005-02-17 22:52 |

0217:もうすぐ出発!

携帯より投稿です。出発まであと30分。

成田への車中では気持ち悪くて睡眠不足?それとも二日酔い?と思ったけど、今はすっかり元気です。車椅子に乗ってる裕くんは、チェックインの場所がプライオリティゲスト用のカウンターでびっくりしちゃいました。
ツアー客には若い男性はゼロでした(;_;)これは現地での出会いに期待です☆
行ってきます!!

c0030363_2343422.jpg
写真は、初めて手にしたユーロ紙幣。

追記(2月26日):
写真を添付するのを忘れて送信してました。
出国前にもしや・・・。と思ったんだけどやっぱりでした。
搭乗ゲートの前で送信した記事は、ちゃんと載っていたので良かったです。
[PR]
by mari8841 | 2005-02-17 13:12 |

0215:パッキング~

あさってからバイト先の裕君親子、バイト仲間、私の4人でイタリア旅に行く。
それに向けてパッキング開始。
初めてスーツケースで出かける。
明日にはバイト先に荷物を運ばねばならない。
なぜ明日か。

それは……
去年カンボジアに行く日、ちょうど裕君たちはスペイン旅行に出発だった。
飛行機の出発は1、2時間差だったので、成田まで車で一緒に乗せてもらった。
が、私は実習書類の提出を出発当日にしたりで、
パッキングが大幅に遅れ、裕君たちをとてもお待たせした。
そこからぎりぎりガール改めぎりぎりアウトガールと呼ばれるようになったのだ。

そんなわけで今回は、前日に荷物を運んで車に載せておくことになった。
あさっては朝9時前に出発と早いし。
[PR]
by mari8841 | 2005-02-15 18:02 |
c0030363_12261112.jpg
料理カテゴリを追加~。

一人暮らしの私。
たまには力(リキ)入れて料理するけど、
名前のつけられないようないい加減な料理が多い。
ここでは適当な料理にも名前を付けて、
今後の自炊生活の参考にしたいと思う。

第一弾。
野菜をたくさん食べようと煮ていたコンソメスープ。
その隣で作っていたレタスと山芋のサラダに黒ごまかけようとしたら、
なぜかスープの鍋に黒ごまをどばっと入れちゃってた。
ということで'間違ってごま入れちゃったスープ'。
[PR]
by mari8841 | 2005-02-14 13:26 | 料理

流行

今日は短くいこう。

7日の事後研修の帰りに、横浜駅に向かって歩いてた時。
友達との会話。
かりー「寒さに弱くなったんだよね~」
私「ホッカイロとか貼れば?
  あと靴下の上に履く、ルーズソックスの黒い版みたいなやつはどう?
  しょうちゃんが履いてたよ」
むーじー「それレッグウォーマーじゃん?
      俺に突っ込まれるなんておわってる…」

自分でもそう(おわってる・・・と)思った。
そうそう、レッグウォーマーって名前あったんだった。
私は家ではユニクロのフリースソックスを履いている。

こんな感じで、ブログに何書こう?と考えながら、毎日を過ごしてます。
[PR]
by mari8841 | 2005-02-14 01:32 | 日記

0213:台風一過

11日から来ていた母親が、今日のお昼に帰って行った。
3日間毎日洗濯機を回し、アイロンをかけ、新しい布団を買い、棚を片付け。
おいしい手料理も作ってくれた。
大きいゴミ袋2個、書類・雑誌6束くらい捨てた。
いらない半袖の服とノートはここに送らせてもらった。
これで部屋はかなりきれいになった。(私も掃除したよ。)
それにしても母親のあのエネルギーはすごい。台風のような。

それから、学校のことや進路のこともいろいろ言われた。
心配してくれてるのはわかるけど、受け入れられないんだ。
うるさいとしか思えない。
「公務員はどう?あなたに合ってそうだから」って言うけど、
そこには私のやりたいことが何であるかっていう'思い'は
まったく汲まれていない。
どうしてうちの親は2人して公務員志向が強いんだろう。

続きを読む
[PR]
by mari8841 | 2005-02-13 23:49 | つぶやき

じゃがいもに学ぶ

土日のキャンプ事前研修。
食事作りの担当になる。
3人で50人分のカレーライス作り。
にんじん、たまねぎ、じゃがいもの担当に分かれて下ごしらえ。
私はじゃがいも、皮むきに予想以上に時間がかかり、
たまねぎ、にんじん担当の人は先に切るところまで完了。
私が圧倒的に遅れているのを見て、
他の人がジャガイモの皮むき・切るを手伝ってくれる。
ここにも出てくる、私の'一人で抱え込む'性格・・・。

「チームでプロジェクトを進めるとき、抱えこんではいけない。
効率的に進まなくなるから。」
会社勤めをしていた友達が話してくれた。

人に頼らず自分でぎりぎりまでがんばること、
テンパリながら進めること、
難しいと思ったら助けを求めること、
どこまでどのスタンスを取るかは、経験を積んで、
失敗しながら学ぶしかないかもね。
[PR]
by mari8841 | 2005-02-09 04:06 | つぶやき

言葉を受け取る

CFFのビッグイベントであるフィエスタが終わって1週間。
仲間が「本当にがんばったね」とか「よくやった」って声をかけてくれた。
でも、その言葉に素直に喜べなくて、
「ありがとう。でも、そんなにがんばってないから」って思ってた。
労力も時間も割いて準備したけど、もっとやれたと感じるから。
がむしゃらに頑張ったわけじゃなかったから。
人任せにした部分があったから。

去年夏。私はCFFのキャンプのリーダーにチャレンジした。
参加した人がキャンプに期待しているものを持ち帰ってもらえるように、
楽しめるように、おまけに私も楽しめるように、
ポジティブでいるように努めて、その場でできることをやった。
「その時の最大限にがんばった」と胸を張って言える2週間の経験。

あの時に比べたら、今回は70%とか50%のがんばりだったかもしれない。
だから、「ありがとう。でも、そんなにがんばってないから」。

でもさっき、気づいた。
ねぎらいの言葉をかけた人は、
70%や50%であっても、私のそのがんばりを認めてくれたんだと。

だから、素直に、「ありがとう」と答えることにします。
[PR]
by mari8841 | 2005-02-05 04:20 | つぶやき