趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2004年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1229:帰省

今日から帰省。
だから昨日出かける前に洗濯機2回も回してベランダに干してったのに、
朝から雪降っちゃったよ。
洗濯好きじゃないのに、たまにすると天気悪い。ことが多い気がする。

でもごみは回収に間に合ったからよし。
[PR]
by mari8841 | 2004-12-29 01:15 | 日記

1228:パン作り@望年会

望年会で初めてパンを作った。
クリームパン、チョコチップロール、アーモンドロールに挑戦。
c0030363_119823.jpg←クリームを包む






なかなか評判がよかった。
なると先輩、さすが!

パン部最高!!
c0030363_1202370.jpg
←焼きあがったチョコチップロール
[PR]
by mari8841 | 2004-12-28 01:16 | 料理

1223:水上バスで遠出

今日のバイトは遠くまで外出。
日の出桟橋から水上バスしながわ水族館六本木ヒルズ
というコース。何回電車の乗換えをしただろう。行き帰り合わせて4回くらいか。
歩道橋をわたったり、6人の駅員さんに車椅子を持ち上げられて階段を降りたり、
Y君と初めての場所に行く時は冒険という感じがする。

そんな中、初めて利用した京急で、すごいものを発見!
車椅子で電車に乗るときだけ、地面が盛り上がる。
電動スロープというのだろうか。
調べてみると、ラクープという名前で、こんなもの
京急が開発し、みなとみらい線や沖縄のゆいレールでも使われているそうだ。

六本木ヒルズとケヤキ坂のイルミネーションも見た。
東京タワーも見えて、都会を堪能した。
c0030363_1253528.jpg

[PR]
by mari8841 | 2004-12-23 01:24 | 仕事

自己決定

授業で自己決定の話が出た。
ソーシャルワーカーがクライエントのどんな自己決定も尊重しようとしても
そんなことして大丈夫?って決定は受け入れがたいかもしれない。
そんな時クライエントにアドバイスするだろう。
そのアドバイスに従った結果でクライエントに不利益なことが起こった時、
医療過誤のようにソーシャルワーカーが訴えられるという時代が
いつか来るのかなあ、と思ってしまった。

今はまだ社会福祉士が社会的に負っている責任は小さい気がする。
でも医師や看護師のように社会的責任が高まったら、
当然のように利用者やその家族は、社会福祉士の言動・行動
ひとつひとつを厳しい目で評価していくんじゃないだろうか。
[PR]
by mari8841 | 2004-12-16 01:46 | つぶやき

1213:飲み@韓国料理屋

飲み会だった。
ちょっとマッチョな人ってどう呼ぶ?
友達2人は「軽(かる)マッチョ」「ソフトマッチョ」と表現。
どっちがホント?
そんでもってマッチョが英語かどうかの話になったので調べてみた。

macho
〔形〕《略式》男らしい,男性的な,たくましい,マッチョな
・ a ~ man
強さや大胆さをいつも誇示したがる男.

〔名〕(複ma・chos)
強い[たくましい]男[メキシコのスペイン語]

えいごでした。

***** c0030363_1550436.gif
中学の時にもらった手紙を何年ぶりかで読んだ。
部活の大会前にもらった手紙とお守り。
引退の日にもらった手紙。
ノートを破って書いた遊びの計画。
友達から。後輩から。先輩から。
休みは年末年始とお盆だけ。
週休2日制が始まってからは、2週間に1日の休みもあった。
それでも、いやに思うことはなく、毎日ホルンを吹いていた。
'めざせ普門館(吹奏楽コンクール全国大会の会場)!'が合言葉の3年間。
あの頃は燃えていた。

現在午前4時。今日も思いっきり夜行性。
[PR]
by mari8841 | 2004-12-13 04:02 | 日記

本『雪とパイナップル』

◇今日読んだ本◇
雪とパイナップル』鎌田實/著、唐仁原 教久

印象的だった一文。
「子どもの涙は、人類すべての悲しみより重い」

帯に書いてあったことば↓
「一番大切なものを
 失ったときでも
 人間は感謝することが
 できることを知りました。
 言葉が違っても
 歴史が違っても
 文化が違っても
 宗教が違っても
 人間は理解しあえると・・・
 悲しみや
 苦しみや
 喜びをわかちあえることを
 雪の中のパイナップルから
 教えられました。」
本書・遠い旅のはじまり・より

絵本で、すぐ読める長さだけど、
ずっしり重い言葉でつづられた鎌田實さんの体験。
電車の中で読んでいたのに涙が出そうだった。
[PR]
by mari8841 | 2004-12-13 01:30 | 言葉・本