趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:言葉・本( 18 )

永遠とは…

中国の古い言い伝え。
千年に一度空から天女が降りてきて、三千畳敷きの岩を羽衣で一掃きする。
そしてその岩が磨滅してなくなるまでの時間を永遠という。

どこかの科学雑誌の聞きかじり。
宇宙が無限である意味はただひとつ。膨張を続けているということに他ならない。
概念には定義というものが必要で、そしてその定義は要するに自分が気に入ったり、
ある程度納得できればなんでもいいんだということがわかりました。

正しい正しくないはとりあえず置いておいて、
私はこのふたつの話を思い浮かべるだけで
何だかずいぶんほっとするのです。

                  『アジアンタム・ブルー』大崎善生・著より

[PR]
by mari8841 | 2006-11-10 23:48 | 言葉・本

貯筋(ちょきん)体操

うっひょーい。
いま学校のパソコンルームにいるんだけど、
いきなり明かりが消えましたーー!

パソコンとプリンタは付いてんだけど、
部屋は真っ暗。
学校もブレーカー落ちることあんのかねえ。
TAの学生さんだけが、やや慌てて
事務室に連絡してくれています。
ほかの学生たちは真っ暗な中でも、黙ってキーボードを打つ。
これはタイピングの練習にはもってこい!!
目には悪いと思うけど。。。


こないだセンターの言語訓練で登場した詩。
面白かったのでご紹介。

貯筋(ちょきん)体操

みんなで伸ばそう 健康寿命
使えば無くなる お金の貯金
使って貯めよう 筋肉貯金
老後に備えて 貯金と貯筋


言語訓練の参加者は、70歳くらいの方がほとんど。
失語症の方々が、歌を歌ったり、すごろくしたり、早口言葉を唱えたり。
楽しみながら訓練しようという場です。
ST(言語聴覚士)の先生もよく笑う方。
『高校三年生』とか『青い山脈』とか
歌謡曲というものが聴けたりして、
なかなか楽しい時間です。
[PR]
by mari8841 | 2006-07-22 07:12 | 言葉・本

『道程』

小学校6年の時、隣の1組は
「リレーで42,195km走って世界記録を破ろう!」なんて
面白いことやってるクラスだった。

その教室の壁に貼ってあったのが、『道程』という詩。
時々朗読してる声が聞こえてきたんだっけかな~。
なんとなく覚えてて、今でもふと思い出すことがある。

教科書に出てた詩では、
谷村俊太郎さん『「朝のリレー』、草野心平さんの『河童と蛙』、
宮沢賢治さんの『雨ニモマケズ』も好き。
多くの人に愛され、力を与える詩を作った人たち、すごい。


『道程』

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

              高村光太郎

*気魄(きはく):何ものにも屈せず立ち向かっていく強い精神力。気概。(広辞苑より)
[PR]
by mari8841 | 2006-04-04 11:24 | 言葉・本

きむさんの詩

私は元気です。
寝てるし、ご飯も食べてるし。
私の恋愛模様に興味のない人はごめんなさい。
ただ、友達にありがとうと伝えたかったので、ご勘弁を。

ところで、最近注目している人がいる。
職業は詩人なのかなぁ、きむさんという人。
ハンズやLOFTのポストーカードコーナーで
見たことある人もいると思う。
写真に詩が書いてあるポストカード。

このポストカードは前から知ってたけど、
こないだ山形帰った時に本屋で見つけて
かなり心を突かれた。
写真もまた、すてきなんです。

いま心に響いてるのは、これと、これと、これ
あと、「ちゅ」って言葉に赤ちゃんがどアップで写ってるのも
すごくかわいい!
[PR]
by mari8841 | 2006-04-04 01:54 | 言葉・本

『シャイン』

昨日、映画『107+1~天国はつくるもの~』を観た(2回目)。
映画の中で流れる曲はどれもよくて、
中でもエンディングが心に響いた。
それが土橋大輔さんの『シャイン』という曲。
で、ネットで発見し、さっきここで購入してから、ずっと、今も聴いてる。
歌詞もメロディもいい!
ここで試聴できるから、一度聴いてみてください♪



『シャイン』

どれだけの言葉を重ねても遠回りなら
あなたの悲しみを癒すように寄り添うから
降る雨はやさしく 僕らの肩濡らすけど
見つめるその先に明日があるはずだから

二人が見る新しい光に
いつかきっと手が届くように

手を伸ばして
息切らして
声からして
望むものは一つだけ

絵に描いた夢語って
いのち削って
捧げるのはあなただけ
僕ら思い通りにきっと輝けるから

胸に秘めた思いはいつでも空回りだけど
手にするやすらぎが続くように願うだけ
目に映る世界はいつの日か形を変えるけど
変わらぬ目の前のあなただけ見ればいい

誰でもないすばらしい自分に
いつかきっと立ち返るように


歌詞の続き
[PR]
by mari8841 | 2006-01-10 03:21 | 言葉・本

秋の鎌倉

11月8日。
秋の自然を楽しもうと、鎌倉へ行った。
c0030363_226479.jpg

鶴岡八幡宮。
紅葉が見たかったけど、木の葉はまだ夏のような緑色をしていた。

その近くにあった寶戒寺は、
静かで、風が吹けば葉のすれ合う音が響くようなところ。
木と和紙と風の音。
宮島の千畳閣を思い出した。

c0030363_226425.jpg

自然散策し、おいしい旬のものを食べ、友達とゆっくり語った。
語ることの大切さを教えてもらった日。

私も自分の周りの大切な人たちと、
たとえ納得してもらえないことがあっても
思いをシェアし合うことをしていきたいと思った。

相手のことを理解したい。
自分のことを理解してもらいたい。
それは話すことで、前に進む。

↓寶戒寺の本堂の柱に貼られていた言葉。↓
相手の喜ぶをみて
自分の悦びとする人に
幸福(しあわせ)はいつもついてくる


しかる効果は一時(いっとき)
ほめる効果は一生
優しさが人をかえ 争いはさる

[PR]
by mari8841 | 2005-11-18 22:06 | 言葉・本

行ってらっしゃい

今日はこれから学校。
友達とチャットしていたので「学校行ってくるね」って言ったら、
「行ってらっしゃい」って言ってくれた。

ひとり暮らしの私は、
おはよう、行ってきます、行ってらっしゃい、
ただいま、おかえり、おやすみ
そんなごく日常的なはずの言葉を使うことが少ない。

だから今日は
「行ってらっしゃい」と言われて、
とってもうれしかった。
そして「行ってけます」と返して家を出てきた。

心がほくほくして、元気が出たよ。
ありがとう☆
c0030363_1852245.jpg

[PR]
by mari8841 | 2005-10-31 18:05 | 言葉・本

23、5歳

このブログに書きたいことはあるのだけれど、数個の記事が下書き状態のまま保存。

最近、やらなきゃいけないことがいろいろあるのに、腰が重い。

キラキラ輝く周りの人の姿を、喜ぶどころか、まぶしくて目を開けていられない。

仲間の気づきはそのまま自分にはね返ってくる。
・愛を持った行動をしてる?
・人を信じてる?
きっと相手に伝わってるだろう。信じてないから任せられないのと、自分がやりたいのと両方ある。自分が必要とされている感覚を味わえる環境から、抜けきれない。引き継ぐだけの根性もなくて、消えてしまいたくなる…。

自分と他者を比較して勝手にへこんでる。
もう、エンパワメントの真逆~。
人に言うことを自分が実践できてない。

ということで、どうやら落ちてます。
そんな中、ある人のブログで見た言葉がヒット。
「ダイヤはダイヤで磨くように、人は人で磨くんだ。輝かせるんだ。」
「人は人で…」
うん、すてき!
[PR]
by mari8841 | 2005-07-23 03:01 | 言葉・本

『深呼吸の必要』

c0030363_1546585.jpg半額キャンペーン中のTSUTAYAで借りたDVD第1弾、『深呼吸の必要』鑑賞。沖縄行きたいのは前からだけど、きび狩り隊に参加してみたくなった。沖縄の言葉もいいなあ。
「なんくるないさ~(どうってことないさ~)」
[PR]
by mari8841 | 2005-03-25 23:32 | 言葉・本
写真展『地球を生きる子どもたち』の隣のショップで
『世界中のこどもたちが』の絵本CDを見つけた。
去年の夏、フィリピンで「子どもの家」の子どもたちが口ずさんでいた歌は
日本でも小学校や幼稚園で人気の歌らしい。(情報仕入れ元はAll about)

『世界中のこどもたちが』

世界中のこどもたちが 一度に笑ったら
空も笑うだろう ラララ 海も笑うだろう

世界中のこどもたちが 一度に泣いたら
空も泣くだろう ラララ 海も泣くだろう

広げようぼくらの夢を
届けようぼくらの声を
咲かせようぼくらの花を
世界に虹をかけよう

世界中のこどもたちが 一度に歌ったら
空も歌うだろう ラララ 海も歌うだろう


(作詞: 新沢としひこ 作曲: 中川ひろたか)

[PR]
by mari8841 | 2005-03-21 20:12 | 言葉・本