趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:つぶやき( 64 )

すてきなカップル

友達2人が最近恋人同士になった。
2人はとても仲がいい。
話を聞いていると、かな~~り幸せな様子が伝わってきて
時々「もう言わなくていいよ、ごちそうさま。」って気分になる。

でも、話した後に「話を聴いてくれてありがとう」と言ってきたり、
「好きという気持ちは伝えてなんぼ」と断言したり、
互いに相手を思いやったり。

とても正直。
そしてお互いがお互いを大切な存在としていることも、
2人の行動からよくわかる。

すてきだ★

今日、心の底からそう思った。
[PR]
by mari8841 | 2005-11-09 02:23 | つぶやき

チャンスの神様

手を伸ばしたら一歩前に進むのに
声を出したら一歩前に進むのに
怖くてできなかった

相手が勇気出してるってわかるのに
自分には勇気が足りなくて
それに応えられなかった

今日、いくつのチャンスを逃したことか

思い出したのが<チャンスの神様>の話。
『チャンスの神様には前髪しかない。
 正面から神様と出会った時にその髪をつかまなければ
 あとからそのチャンスを欲しいと思って
 神様を後ろから追いかけてたとしても、
 後ろ髪が生えて無いからつかまえることはできない』


勇気、勇気と思って、最近スキマスイッチの『全力少年』をよく聴いている。
さえぎるものはぶっ飛ばして まとわりつくものかわして
止め処ない血と涙で渇いた心臓潤せ
あの頃の僕らはきっと全力で少年だった

怯えてたら何も生まれない

澱んだ景色に答えを見つけ出すのはもうやめだ!
濁った水も新しい希望(ひかり)ですぐに透み渡ってゆく

積み上げたものぶっ壊して 身に着けたもの取っ払って
幾重に重なり合う描いた夢への放物線
紛れもなく僕らずっと全力で少年だった

セカイを開くのは僕だ

視界はもう澄み切ってる


怯えてたら何も生まれないんだよね。
どの瞬間も全力で生きたい。
踏み出せ、自分!!

そう思っていた帰りの電車、今から4時間前のこと。
[PR]
by mari8841 | 2005-11-06 03:49 | つぶやき

『NANA』

今さらながら実感。思ったことはすぐ書かないと、薄れてく。
  *    *    *    *    *
学校の帰りに思いたって、『NANA』を見た。

カンボジアに行く前から、心が固くなってる気がしてた。
感受性が低下しているというのか、
心が弾まない。
大して感動しない、自分。
最近はよどんでるような感じもした。
帰省したらまた親の言葉にショック受けて、落ち込んで。

でも、『NANA』を観たら予想以上に元気になれた。
2時間恋愛モードに浸って、気分転換ばっちり!!
マンガの『NANA』を読んでみたくなった。
あの後どうなるかが知りたい!

★映画を観て思ったこと
計算しない。
小悪魔じゃなくていい。

私は単純がいいや。
嬉しい時は喜んで、悲しい時は泣いて。
そういう風にしたい。

人の気持ちに敏感で、
そして自分の気持ちに素直でありたい。

★最近友達からもらったアドバイス
・惜しみない笑顔!を見せる
・焦らず焦(じ)らす。
・自分と、相手と、向き合う。

会えるだけでいい。会えることが幸せ。
うん、それを忘れたくない。

それから、人が与えてくれることに慣れないで、
きちんと感謝することを覚えていたい。
生活してると忘れてしまいがちなことだから。
[PR]
by mari8841 | 2005-10-13 04:47 | つぶやき
連休は山形へ帰省。

今回はちょうど、山形国際ドキュメンタリー映画祭の期間中で、
いくつか観に行くつもり♪
この映画祭、2年に1度開催されていて、今回で9回目になるらしい。

地元で開催されてても、
住んでた頃は全然興味なかった。

フィリピンやカンボジアに行くようになって、
自分の知らないことがたくさんあると気づいた。
日本が過去の戦争で多くの人を傷つけたこと、
今でも一人ひとりの生命が尊重されていないこと、
自分の生活が環境に負荷をかけていること。

私はこの世界の人たちと、
過去、未来の人たちと、
つながっている。

映画を観て、新たな事実を知って、
何か行動を起こすかはわからない。
何もしないかもしれない。
でもせめて、無関心でいちゃいけない気がする。
[PR]
by mari8841 | 2005-10-07 14:57 | つぶやき

分かち合い

8/15~24の間、友達との旅行と、帰省で出かけてきた。
新宿⇒草津⇒新宿⇒山形⇒新宿と、高速バスに乗ること計4回。

その1つ目、草津へ向かうバスの中でのこと。
運転手さんが突然
「前方に花火が見えます。どうぞご覧ください。」
とアナウンスを入れた。
窓の外を見ると、遠くに花火が上がっている。
どこの花火大会だろう。

しばらくすると、
「右側に見えます。」
とまた教えてくれる。
今度はさっきより近くに見える。
みんなが花火を見つめている。
私はめがねを取り出して、見えなくなるまで花火を眺めていた。

お決まりのアナウンスだけじゃなく、
偶然見えた花火のことを乗客に知らせてくれた運転手さん。
ちょっとした分かち合い。
高速道路の上から花火が眺められる。
それだけで嬉しく、そしてこの旅が楽しくなった。
すてきな運転手さんだった。
c0030363_737477.jpg

                       草津で見た朝焼け
[PR]
by mari8841 | 2005-08-24 07:37 | つぶやき

地震

1週間前に起きた千葉が震源地の地震。
地震が起きた時、新宿のビルの24階にいた。

関東に住むようになって、大抵の地震には慣れていたけど、
今回は揺れが強いし、時間も長くて、少々恐怖を感じた。

約1時間後に帰ろうとしたら、エレベーターが停止している。
仕方ないので階段を使って下りる。
駅では小田急線が20~40分遅れになっていた。
次の日のニュースを見ても、鉄道は大混乱で、
エレベーターに閉じ込めた人も大勢いたらしい。

帰り道、ひざがプルプル震えて、
次の日から数日間、ひどい筋肉痛だった。
そんな中で考えた。

今回のような高層ビルで地震が起きた時、
車椅子に乗ってる人や、杖をついている人や、
ベビーカーに子どもを乗せた人が一緒にいたら、
自分は何ができるだろう。

エレベーターとエスカレーターが止まっていたら、階段を使うしかない。
車椅子に乗ってる人は数人で持ち上げて、
車椅子はたたんで運び、
杖をついている人は数人で支えて、
子どもは抱いて、ベビーカーは抱えて、
1階まで下りる。

そこにいる人たちの『協力』。それしかないんだろうな。

私は3月まで、車椅子を利用する人のもとで
ガイドヘルパー(外出介助)をしていた。
自分が知っているのは、ただその一人のケース。

体を支える方法も、必要なことも、
人によって何がベストかは人それぞれ。
だから聞かなきゃわからない。
聞かなきゃわからない。
『何が必要か聞くこと。』
地震でもそうじゃなくても、どんな人に対しても、
それが重要だと思った。
[PR]
by mari8841 | 2005-07-31 18:38 | つぶやき

親子

「弟が車で事故った。大したけがはないらしいけど、様子を見てきて。」
という親からの指令を受けて、
深夜にバスで一人暮らしの弟のところへ行って来た。
大したけががないと聞いていても、少しは不安。
きっと親はもっと不安。

行ってみると見た目は元気そうだが、
脳しんとうを起こしたらしいので、
翌日、念のため病院で診てもらう。

異常はなかったとのこと。
それを聞いて安心し、一緒に昼食を摂り、
あとはすることがないので洗濯。掃除。掃除。
1年に1度するかどうかのアイロンがけまでしてしまった。
弟がレポート書いてる横で。。。

人の家をきれいにして気分爽快!
勝手に一人満足して帰りの高速バスに乗った。

母親も私の家へ来ると、猛烈な勢いで家事をして帰っていく。
そして、掃除させてくれてありがとうと言う。

自分の親とあまりに同じ行動をしていて笑えた。
[PR]
by mari8841 | 2005-07-29 18:40 | つぶやき

願い

「最近、キャンプのような日々だ~」って浮かれてたから?
急展開の出来事が続いている。
今日も何かが起こる。
展開の速さについていけなくなりつつある。

傷つけられたり、涙を流したり、
苦しんだりしている人がいっぱい。
お願い。
もう誰の傷も深まらないで欲しい。

私たちは同じ目的のために動いている。
だから今は苦しいけど、この先には
心から笑える時間があるはずなんだ。
全ては目的達成に近づく一歩。
頭を抱えて膝を曲げてうずくまった後は、
みんなで一緒にジャンプしよう!

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  
誰も一人じゃない。
誰もあなたの全てを否定してはいない。
だから、自分で自分を傷つけないで。

私が辛い時に支えてもらったから、
今度は交代。
[PR]
by mari8841 | 2005-07-01 15:20 | つぶやき

すっきり気分

寝る前に、いい気分だなあと感じる。
今まで味わったことのない感じ。
すっきりと爽やかで、少しハイテンション。
これは1日誰にも、周りにも自分にも嘘を
つかなかったことからきているように思う。

こんな気分が初めてって、それは今まで私が
自分の気持ちをストレートに相手に伝えてこなかった、
嘘をついていたということではあるけれど、
でも、今はうれしい。
ポジティブ・ネガティブ関係なく、自分の感じたすべての気持ちを、
ありのままに周りの人に伝えていくと決めたから。
この気分を長く味わえるようにしたい。

現在の自分の行動目標。キーワードは
・素
・ストレート
・サムライ

サムライ仲間けいこがブログを始めました。
その名も『THE SAMURAI』
[PR]
by mari8841 | 2005-06-25 11:45 | つぶやき

語る第二弾

昨日、Aさんと部長と3人で語った。
2時間か3時間くらい。
そして、期待していた以上に大きなプレゼントをもらった。

14日に部長と話をしてから昨日までの間、
'自分はどうして気持ちを伝えることが苦手なのか'考えていた。
でも問題はそこではなく、もっと大きく、単純なことだった。

いい子ちゃんのフリ

過去のほとんど(全てかも)の問題は、そこに原因があった。
1年半前のことも。去年一年間のことも。
2人はそれをわかっていた。
私はやっと気づいた。というより気づかせてもらった。
私は3年前にも同じようなことをやっている。

もう制限時間いっぱいだって。

中学までは大人たちの前で、
高校からは家族以外の人の前で
いい子ちゃんを演じてきた。
23年間使ってきたこの脳みそに染み付いた意識。

過去に戻って生き直すことは不可能で、
ここから進んでいくしかない。

誰でも知らないところで努力しているんだ。
私が尊敬している人たちだって、簡単に
そこにたどり着いたわけじゃないんだ、きっと。
[PR]
by mari8841 | 2005-06-20 20:08 | つぶやき