趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:つぶやき( 64 )

「いただきます」

c0030363_0474842.jpg今日は友達と3人でご飯を食べに出かけた。

卒論で1週間引きこもってて、お茶漬けやら食パンやらを
食べてばっかりだったという一人の子は、私の隣で
「おいしー!!!」
「幸せ~~☆」
を連発。大興奮状態(笑)
私が食べたハンバーグ、ケーキ、ジェラートもおいしかった~!
そんなごちそうを食べて、この前見た新聞記事を思い出した。

考:「いただきます」って言ってますか? 「給食や外食では不要」ラジオで大論争
(毎日新聞 2006年1月21日 東京朝刊)


目の前にあるおいしい料理は、
店で調理した人だけじゃなくて、
野菜や動物や魚を育てた人、さばいた人、運んだ人etc、
多くの人がいて、ここに届く。
野菜や動物や魚がいて、それを食べるから、人間は生きていける。
だから、「いただきます」って感謝すると思うんだ。

「いただきます」と「ごちそうさま」を言い忘れて
食事しちゃってることも多いけど、私にとっては言いたい言葉。

 《ある小学校で母親が申し入れをしました。
「給食の時間に、うちの子には『いただきます』と言わせないでほしい。
給食費をちゃんと払っているんだから、言わなくていいではないか」と》
どうしてそんな発想になるんだろう。
子どもはどんな方向に育っていくんだろう。

ご飯食べながらこの話をしたら、
友達は「アジア学院に連れて行きたい」と言っていた。


※アジア学院とは? (HPより)
アジア学院は、毎年20~30名の、草の根で活動する農村指導者を、
アジア・アフリカの農村地域から招き、9ヶ月間、栃木県西那須野
キャンパスにて、農村リーダー養成の研修を行っています。
キャンパスには、学生、職員、ボランティアが共に生活し、
共に汗しながら、有機農業を基礎とした食糧自給を目指し、
公平かつ平和な共同体形成の実践を試みています。

[PR]
by mari8841 | 2006-02-02 00:47 | つぶやき

動けば変わる

『動けば変わる』

1月8日に観た映画、
『107+1~天国はつくるもの~』のメッセージ。

今日、友達からこのメッセージにつながるハチドリとヒトデの話を聞いて、思った。

動けば変わるってことは、変えたい状況があるならまず動こう。
自分以外の誰かが動くの待ってるんじゃなく、
まず自分から動いていかないといけないんだって。

映画観た人のほとんどは、そんなことすぐにわかったことかもしれないけど、
私は今日、そう思った。
んでこの気づきはこないだ書いた日記へつながって、自分への励ましに。

もう一つ。山形での上映会企画があると聞いて、
スタッフで参加することにした。
多くの人にこの映画を観てもらいたいと思うから!
前に「日本で上映されてないのは山形とどこかの県、2つだけだ」と聞いて、
心がうずいてもいたから!初の上映会in山形をやりたいって。

山形のみなさん!!
山形での上映会企画。
スタッフ募集中です!一緒にやりませんか?
『107+1』上映会in山形(mixi内コミュ)
 日時:5月27日(土) 13時から(予定)


『107+1~天国はつくるもの~』
http://tentsuku.com/movie/

合い言葉は、『動けば変わる』
すべてはやるかやらないかあきらめるかあきらめないか!
天国をつくろうとしたド素人たちの真実の物語(ドキュメンタリー)。
総指揮・監督 てんつくマン
各地での上映スケジュール

◆3/4(土)『107+1』上映会 in茨城!
詳細↓
sharemandala.net:
107+1~天国はつくるもの~上映会 in茨城 2006年3月4日(土)開催決定

[PR]
by mari8841 | 2006-01-27 05:52 | つぶやき

弱いんだ

表現することはステキ。
なんだけど、今の自分にはちょっとこわい。

どうして怖いのか。

言葉、声、表情、動き、姿勢。
そこには自分のこころもうつるから。

弱い自分を人に見せたくないから。
自分でも直視したくないから。
一人になりたくなる。

この1年、自分が弱いことを何度も感じたけど、
その自分を今も受け入れられてない。

強がって、大丈夫そうな自分をつくってから
人と顔を合わせている。

私が弱いことなんて、周りの人に見破られてるのにね。

結局、逃げてばっかりで、素の自分と向かい合ってない。
[PR]
by mari8841 | 2005-12-28 18:33 | つぶやき

循環

c0030363_18502669.jpg私は、周りの人からたくさんのものをもらって生きている。

思いやり
笑い
ゆるし
安らぎ

はげまし
笑顔
言葉
知識
時間

もらうから、私も他の誰かに渡したいと思う。

人から人に伝わって、
それが続くと
自分の知らない人にまで
つながっていく。

不思議。
でも、なんかいい。

気づかぬところで、
また自分のところにも戻ってきてるだろう。

(おとといは満月。)
[PR]
by mari8841 | 2005-12-18 18:50 | つぶやき

SOULFUL

沢知恵さんのコンサートへ行ってきた。
友達がすごくいいよ~と言っていた方。
透き通るような声と、迫力のある力強い声。
笑顔で「メリークリスマス」と歌う姿に、
クリスマスが近づくうれしさがこみ上げてくる。

沢さんは魂がこもってる歌を聴かせてくれた。
まさやんもそうだけど、魂がこもってる歌は引き込まれる。
心に響くんだね。
茨木のりこさんの『自分の感受性くらい』にも再会し。

アンコールは『きよしこの夜』。
一緒に歌ってて、気持ちよかった。

音楽大好きってことをまた実感した一日だった。
[PR]
by mari8841 | 2005-12-04 00:44 | つぶやき

LOVE LETTER

大切な人へ。

近くに感じてくれてありがとう。
辛い時こそ、あなたのそばにいたい。

あなたの苦しみを打ち明けてくれてありがとう。
それを一緒に背負うとはいえないけど、
いつでも話を聴くよ。
いま私ができることはそれだけだから。

そして、たとえ一晩でもあなたが心穏やかに
眠りにつけたとしたら、私はうれしい。

他に何ができるかわからない。
でも何かさせてもらえるのなら、
私自身のために、それをさせてください。

今日、気づいたんだ。

そばにいる誰かが苦しんでいる時、
そう簡単に支えることはできない。
だけど、1人で倒れそうなら2人で、
2人で倒れそうなら3人で、
3人でも倒れそうなら4人で、
一緒になって両手を出して支えればいいって。

いま、自分との距離の遠さに不安になる人がいる。
不安。それを解消するにはコミュニケーション取るしかないんだ。
自分から心開いて。
step by stepで。

想えるようになるには、時間がいる。
関係を築いていく。ここから。
[PR]
by mari8841 | 2005-12-01 03:03 | つぶやき

本気と書いてマジと読む

あんたの本気はそんなもん?

あんたの愛ってその程度?

そう言われてる気がする。

何ができるか、
何をさせてもらえるか、
そんなのわからない。

ただ、その瞬間、
そこに存在する選択肢のなかで
自分が一番いいと思ったことをやるしかない。
周りの人の力を借りながら。

その瞬間での自分のベストを尽くす。

ただそれだけ。
[PR]
by mari8841 | 2005-12-01 02:46 | つぶやき

ハッピーパーソン☆

今日は夕方までずっと家にいた。
発した言葉は、
ごみ箱にごみを投げ入れた時の「Nice shoot!」3回と、
ストレッチした時の「うぅー。」のみ。
1人だとほんとしゃべる機会がないことを実感して
軽くさみしくなった。

さっきCFFの事務所に、これから事務所に行っていいかと電話した。
(注:さみしいからじゃなくて、用事があったからね)
「いいよ~。おいでおいで!」と事務所にいるMさん。
きっと笑顔で話してる。
あまりに喜んでくれてる様子に、
私も笑わずにはいられなかった。

c0030363_4443094.jpgこないだ読んだ本『みじかい命を抱きしめて』にあった
'ハッピーパーソン'という言葉。
著者ロリー・ヘギの娘・アシュリーは、
周りを楽しい気分にさせる人なのだという。
アシュリーはプロジェリア(早期老化症)という難病を抱えた10代の女の子。

忙しいとか体調が悪いとかそんなの関係なく
笑顔をふりまける人がいる。
見習いたい。
[PR]
by mari8841 | 2005-11-24 22:00 | つぶやき

消化不良

ここ2週間、あちこち出かけて、
いろんなものを見て、いろんな人に出会った。
それぞれ楽しくて、感じたこと、考えたこともある。
充実していただけに、消化できなくなってきた…。

ああ、このどんよりした灰色の空に抗えない。
空の色と一緒に気分も下降。昨日も今日も。
幸せなことがたくさん起きてるはずなのにな。
動く前から、よくないことを想像しておびえてる。
考えすぎるのはよくないのか。

弱音吐き日記でごめんなさい。

行動メモ(10/28-11/14)
[PR]
by mari8841 | 2005-11-15 16:26 | つぶやき

COLORFUL

近くに住むCFF仲間と4人で集まった。
そのうち、教員志望で、最近小学校での実習を終えた人が2人。
この夏キャンプリーダーをやった人が2人。
互いの近況報告をした。

一番久しぶり(9ヶ月ぶり?)の再会だったありんこは、
実習中に自分の専門である国際理解教育の授業をしたそうで、
指導案を持ってきてその体験をシェアしてくれた。
児童の反応、先生方の感想、ありんこ自身が感じたこと、
それを感情豊かに話してくれる。

前に彼女と一緒に小学校に出張授業をしに行ったとき、
ベテランの先生の行動に感動し、興奮していた様子を思い出す。
今日は彼女の話す力、伝える力、表現力のすばらしさを再確認した。
私の周りには尊敬できる人が大勢いる。

私たちは『CFFという団体のプログラム(ワークキャンプスタディツアー)に参加した』
という共通項を持つけど、それぞれに専攻も関心もこれから進む道も異なる。
だからこそ、シェアすることが面白い。

4人とも、来春からは社会人。
これからどんな話をするようになるだろう。


*みんすけの気づきもぜひ読んでほしいです。
[PR]
by mari8841 | 2005-11-11 02:20 | つぶやき