趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:日記( 164 )

春ももうすぐ♪

c0030363_171423.jpg

c0030363_171485.jpg

たまに行ってる三軒茶屋のマッサージサロンから、
「花咲くネイルコース 始めました」ってお知らせが来たので行ってみました。
初めてのカルジェルというやつ。
シールやラメのオプションもサービスしてくれて、
予想以上の完成度!

その後はサロン併設のカフェで夕食。
民家を改造したとこで外壁や押し入れには
オーナーさんが描いたという蓮の絵があって。

自分の爪を見てウキウキして、その後はゆっくりとご飯を食べて。
ん~こんな贅沢な休日もたまにはいいよね。
いいリフレッシュになりました♪

こないだは梅酒が好きって話をしたら、
友達が“花咲酒蔵ウメ子の家”って居酒屋に連れて行ってくれました。。

最近“花咲”と縁があるみたい。
もうすぐ春=花がきれいなシーズン到来です♪

そうそう、職場の身体しょうがい者の作業所では、
3月に貸切バスで日帰りで遊びに行く企画が持ち上がっています。
昨日行きたい場所を募ってたから、利用者そっちのけで
思いっきり自分が行きたい所をあげちゃいました(*^_^*)
イチゴ狩り、浜離宮、築地でご飯、ジブリ美術館、とかね。
普段こういうお楽しみイベントをなかなかやらない作業所なんで、
みんなも結構楽しみみたい。
どこに行くことになるかな~
[PR]
by mari8841 | 2009-02-27 01:07 | 日記

上司への告白 081118

一緒に働くことが苦しくて、
自分ではもうどうしたらいいかわからなくなり
今の状況を上司に打ち明けた。

私達が冷静じゃない言い合いをしてたら注意してほしいとお願いした。

痴話喧嘩のような言い合いを今まで何度もしてきたから、
上司にも勘づかれてた。

同僚以上の関係ではないかって。
元彼は私への口調も物を渡すにもぞんざいで、
誰もが異常を感じるのだろう。
正直に前は付き合ってたことまで上司に伝えた。
上司は、この件は一旦預かると言った。

元彼の
・何でも報告しないと怒る。
・自分から仕事を取りに行かないし、情報も聞きに行かないのに、
私に情報や新しい仕事が来ることに不満を言う。
・私が仕事をすることへの嫉妬。
そんな理解しようのない、おかしな状況。

私達が周りの人にかけてきた迷惑を考えると恥ずかしい。

これで改善されなければ異動願いを出そうと思っている。

3年は働かないと転職が厳しいそうだ。
だから、あと1年3ヵ月はこの職場でがんばろう!
[PR]
by mari8841 | 2008-12-31 14:55 | 日記

飛べない鳥081118

鳥かごの中にいる1羽の鳥。
かごの出口はあいてる。
部屋の窓もあいてる。
窓の外に行けば自由にどこでも行けるのに、
その鳥はかごの外に出ようとしない。

かごの外にいるもう1羽の鳥の存在を気にして。

飛べないわけじゃない。
ただ飛ばないだけ。

もう1羽のことなど気にしないで
自由になっていいはず。
[PR]
by mari8841 | 2008-12-31 14:25 | 日記

未熟者 081031

仕事中なのに
冷静でいられない自分が情けない…
思いっきり怒鳴ってしまった。

他の職員に一言伝えておく方が望ましいと思っても、
その後、「何話してたの?」って必ず話しかけられる。
過剰な干渉。
それに対応する煩わしさを考えると、
口をつぐんでしまう。

自分の思うベストな仕事のしかたをできないことが悔しい。

もう一緒に仕事できない。
[PR]
by mari8841 | 2008-12-31 14:22 | 日記
今日の職場、9時まで残ってたのは私と遅番の2人。
みんな帰るのが早いな~と思ったら、クリスマスイブ♪でした。
帰り道ではキャンドルを持ちながら賛美歌を歌う人たちとすれ違ったり、
ピザーラの人が全身サンタの衣装を着て配達してるのを見かけたり、
クリスマスなのですね。

そんな私のイブは元カレとの話し合い。
(去年のクリスマス直前にふられて別れたんでした。)

私がいると仕事できないからって仕事を辞めるように前から迫られてて、
1月で辞めると半分はその場しのぎに答えていた。
だけど周りの先輩・友達に相談する度にそれがおかしな約束に思えてきて
今日、仕事は辞めないと元カレに宣言した。

約束だから辞めろと言ってくる。それで話し合い。
1.辞めるか
2.今までと同じように男性職員には極力話しかけないようにするか
3.よりを戻すか
って意味不明な3択を提示された。
突拍子のない3番には大笑い。

今まで束縛して苦しめてきて、よりを戻そうなんてどういう考えしてんだか…。
私はどれにも応じる気はないので、決着つかず。
もう別れて1年なのに、まだごちゃごちゃしてんだよね。
週末にまた話し合いだってさ~。
うちらの間のピリピリ空気を察知した上司は
大丈夫か?って心配してくれたけど、
今回は一人で向き合おう。
周りに頼らないで話をしよう。

私はもうこれからは自由に行動すんだよー!

幸せになりたいんだよー!!
[PR]
by mari8841 | 2008-12-25 00:41 | 日記

出会うべき人は

・支え
・依存
・突き放すタイミング
・甘え
先輩2人とご飯食べながら、
束縛のエスカレートする元カレの話をした時、
テーマになったこと。

私は優しくなんかない
彼は目の前で既に2度過呼吸を起こしてる
私の言葉で壊れていく姿を見たくない
傷付く姿を見たくないだけ
また、本音を伝えることから逃げてる

私も依存してた。
弱さも見せられる存在、
寄り掛かれる距離にいる身近な人、
だから
求められたまま、
言われるがまま
おかしいと思いながらも束縛に従ってきたんだ
別れて半年過ぎても、きちんと関係を切れてないのは私にも責任があるんだ

「鬱だとしたら、言葉を選ぶ。タイミングを選ぶことが大事。」

「いつか、彼は自分が間違ってたことに気付くよ。」

「自分が1番。他の人が2番。」

「自分のせいって思わなくていいよ。」

先輩の言葉が心に残る
最近結婚した先輩と結婚が決まっている先輩
「この人と出会うために、今までの人とはうまくいかなかったんだって思うよ」
口を揃えてそう言ってた
私の出会うべき人もどこかにいるってこと きっと。
[PR]
by mari8841 | 2008-07-08 00:38 | 日記

しっかり晩ご飯☆

c0030363_2318464.jpg

ショートステイ夜勤で
ひさしぶりにまともに料理した
初めて作るカニ玉
入居者の方と一緒に作る
中はふわふわ☆
成功です!
[PR]
by mari8841 | 2008-05-29 23:18 | 日記

駄々っ子

言いたいことを我慢したまま
相手に合わせるふりしてストレスためて
結局不満ぶちまけてしまう。

「俺が悪かった」って謝って話をまとめる彼の口調は
子どもを相手にしてるみたいで
私は面倒に思われてるのが伝わってくる。
それを突っ込んで聞いたら、
「まりは言ってもすぐには変わらない、
変わるとしても何年がかりなんだから。
俺が変わるしかないじゃん」って。
年下の人からこんなん思われてる自分が情けなく、
こう思われながら付き合うのもいやだ。

最近ちょっとでもギクシャクして話し合うとなると、
ぼろぼろ泣いてしまう。
感情があふれてくる。

いま楽しい瞬間があっても、結局わかんない。
どうしたら平和に過ごせるのか、
お互いどこに向かいたいのか。
[PR]
by mari8841 | 2008-03-14 00:57 | 日記

噛み合わない

数日ぶりにプライベートで電話できたのに、
5分もしないうちに怒らせてしまった。
判断や行動を責めたかったんじゃなくて、
話の流れが理解できないから質問したつもりだったけど…。
一気に空気が悪くなって
「他のこと話そ!」って言われた後、互いに沈黙。
そして「もう寝るね。おやすみ。」って告げられた。

話を聞くの、前は得意っていうか好きだったはずなのに、
彼の話は最後まで黙って聞くことができてない。
話が噛み合わないこといっぱいある。
言ってることが意味わかんなくても、
ウンウン黙って聞く方が相手はうれしいのかな?
もやもやして、このブログの過去の日記を読み直した。
今までの自分の気付きを再確認するために…。

3月9日
サンキューの日って言うんだって。

私が口にした言葉は、ごめんなさいだけ。
[PR]
by mari8841 | 2008-03-10 07:20 | 日記

落ち着いてきた?!

落ち着いてきたかもしれない。

ショートステイの夜勤に、グループホームでのバイト日勤。
この一週間に2度同期のある男性と一緒に勤務があった。
元彼は激しいヤキモチ。
目が会う度に「嫌い!!」って手話で伝えてくるけど、
上司が決めたシフトだから、私は何にも悪くないはず!

こういうこと、仕事に持ち込まないでほしい。
私達の関係は職場に隠してきたつもりだけど、
きっと他の職員は違和感を感じてる。


私は今までずっとやり直したいと思ってきた。チャンス欲しかった。
でももうこだわらなくていいかも…。
だとしたら、きちんと話をしないとな。
[PR]
by mari8841 | 2008-02-11 00:24 | 日記