趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

居酒屋てっぺん

居酒屋てっぺん
そこに働く人たちを映したDVD上映会に行ってきた。

キーワードは
共に勝つ
競争でなく共創(きょうそう)
夢と感謝

自己開示
本気で向き合う


てっぺんでは、社員・バイト関係なしに
全スタッフが参加する研修旅行が年1回あるという。
私にはそのことが、一番印象的だった。

私は、ある区立障害者福祉センターで働くバイトの身。
比率で言えば、介助兼事務職は正社員15人にバイト4人。

最近児童館でバイトしている友達とも話したのだけど、
客や利用者には、正社員もバイトも関係ない。
まして電話応対だったら、その違いはさっぱりわからない。
だから本当は、バイトだろうが一スタッフとして
きちんとしたサービスを提供できなきゃいけない。

でも、それが出来ているかといえば、
時に私はバイトの身分に甘えてるし、
毎朝のミーティングにも、週1回のミーティングにも参加権が無くて、
情報が入ってきにくい。
自分から情報をキャッチしていかないと、置いてかれる。

たとえば利用者さんの介助にあたるとき、
何をしていいのか、していけないのか、望ましいのか
そういう情報まで、一バイトにはおりてきていない。
実際、常にバイトが社員と一緒に動いているわけではないのに。
だから想定外の事態に遭遇して、あたふたすることがある。

スタッフ全員が情報共有して方向性も共有して、共に動く。
いま働いている場所にもそうなってほしい。
自分も来月からは正社員。
伝えられる情報はバイトさんとも共有していきたいと思った。
[PR]
by mari8841 | 2007-02-25 20:54 | 仕事