趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

言葉を受け取る

CFFのビッグイベントであるフィエスタが終わって1週間。
仲間が「本当にがんばったね」とか「よくやった」って声をかけてくれた。
でも、その言葉に素直に喜べなくて、
「ありがとう。でも、そんなにがんばってないから」って思ってた。
労力も時間も割いて準備したけど、もっとやれたと感じるから。
がむしゃらに頑張ったわけじゃなかったから。
人任せにした部分があったから。

去年夏。私はCFFのキャンプのリーダーにチャレンジした。
参加した人がキャンプに期待しているものを持ち帰ってもらえるように、
楽しめるように、おまけに私も楽しめるように、
ポジティブでいるように努めて、その場でできることをやった。
「その時の最大限にがんばった」と胸を張って言える2週間の経験。

あの時に比べたら、今回は70%とか50%のがんばりだったかもしれない。
だから、「ありがとう。でも、そんなにがんばってないから」。

でもさっき、気づいた。
ねぎらいの言葉をかけた人は、
70%や50%であっても、私のそのがんばりを認めてくれたんだと。

だから、素直に、「ありがとう」と答えることにします。
[PR]
by mari8841 | 2005-02-05 04:20 | つぶやき