趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

それぞれの道

c0030363_23101286.jpg
Yくん(→web)の元バイト、現役バイト仲間で久しぶりに集まった。

フロリダの大学院に留学する人の壮行会。
九州や四国にいる人も東京に来てくれて、
バイト11人、Yくん家族3人の計14人集合!
これまでも忘年会や飲み会をやってたけど、
こんなに大勢集まったのは初めてだろう。

メンバーは、
Yくん(25)、
家具メーカーの営業さん(27)、
これからフロリダの大学院で宇宙工学の勉強する人(26)、
人材派遣会社勤務(26)、
新聞社勤務(25)、
ホテル勤務(25)、
無印良品の店員(25)、
銀行員(25)、
フリーター状態の大学生(=私、24)、
高齢者施設勤務(24)、
出版社勤務(23)、
大学やめて映画製作を目指そうとしてる人(23)、
Yくんのお父さん、
Yくんの弟(高校生)



こんな14人。
大学時代の専攻なんてばらばらだったから尚更なのか、
今の仕事は様々で、話題もいろんな方面へ。
食べ物も、たこ焼きパーティーのはずが、
お好み焼き、ホットケーキも焼いて、
デザートはすいか、ゼリーなどなど。

ガイドヘルパーとしてYくんのもとでバイトしていた学生たちが、
時を経て少しずつ、それぞれの道を進んでゆく。

「就職して働く。」
それがたくさんある価値の中の一つでしかないと知っていても、
自分がまだ学生という身分から抜け出していない事実。
みんなが先を行っていると感じずにはいられない。
私はたぶん卒業して就職するまで、
自分の選択を肯定できる日と、
劣等感でいっぱいになる日の繰り返しだろう。

一方、Yくんは働くことを目指してはいない。
脳性麻痺による全身性の運動しょうがいのため、就労は難しい。
今は学校を卒業して、無職だ。

パーティーでは、
懐かしい顔ぶれの中で、いつもより大笑いして、
絶妙のタイミングで「へえー」なんて相槌を入れて、
楽しそうにしていたけれど、

彼はどんな気持ちで
同年代のみんなの歩みを見ているんだろう。

その笑顔の奥で、寂しくなったり、
将来が不安になったりしていることはないの?
[PR]
by mari8841 | 2006-07-16 23:07 | つぶやき