趣味は写真と旅。仕事は障がいのある方が通う作業所職員で、利用者さんと日々奮闘してます。


by mari8841
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

うまくいかない

もう終わりかも…。
初めてそんな風に思ったのは1ヶ月半前。

そして今日。
'自然消滅'
それに向かうレールに乗ってることに、ふと気づいた。

もし終わりにするのなら、
どんな人であっても
笑顔で「ありがとう」を言ってお別れしたい。

        *        *        *        *

今日で実習2日目終了。
昨日の実習@特別養護老人ホームはまだ、
うまくいかなくても「いい勉強になった!」って思えた。
でも、今日@デイサービスは全然だめ。



この3日間の目標は、
「利用者さんに不安を与えない介助と、笑顔でのコミュニケーション」。

でも現状は。
1)今日も緊張が抜けなくて、カチコチ笑顔。
 利用者さんにまでその緊張が伝わってるようで、
 ベスト1枚着ていただくのにも、身を固くされていてうまくいかない。

2)おしゃべりしてても、「うまく話が続かない、話を引き出せてない」
 そんな風に感じてしまうから、利用者さんを気疲れさせてしまってると思う。
 コミュニケーション、やっぱ不得意だ。

3)安心を提供する以前に安全確保が必要なのに、
 まだその危機意識も足りない。
 昨日も今日もヒヤリとする場面あり。

4)昨日、声が小さすぎると指摘をいただいて―
 声のボリュームを上げて、利用者さんに自分の声が届いているか
 表情を確認しながら話したのは、よし。

だから明日は、
1)万が一、転倒⇒骨折となれば、利用者さんの人生を変えてしまう。
 そのリスクを認識して、緊張感を持って介助すること。

2)肩の力を抜いて(←今日担当してくださった職員さんに言われた)、
 やわらかな笑顔で利用者さんとコミュニケーションをとること。

その使い分けが少しでもうまくできたらいいな。
明日が施設実習の最終日。

スクールの先生がおっしゃっていた
「ケアとは、安全&安心&安楽の提供」。
これって奥が深いぞ。
[PR]
by mari8841 | 2006-03-14 22:50 | つぶやき